トップ > くらしの情報 > 保健・医療・福祉 > 福祉 > 障がい者福祉 > 特別児童扶養手当

特別児童扶養手当

 特別児童扶養手当とは、在宅で身体や精神に一定以上の障害のある児童を養育している方に支給される手当です。

【受給資格者】

 身体や精神に一定以上の障害のある20歳未満の児童を養育している父若しくは母、または父母に代わって児童を養育している方
※対象児童が児童福祉施設等に入所している場合や障害を支給事由とする公的年金を受給している場合、または受給資格者や配偶者等の所得が限度額を超えている場合は手当を受ける事ができません。

【手当の額(月額)】

対象児童の障害の程度により支給額が定められています。
対象児童1人あたり 1級 51,700円 2級 34,430円(平成30年4月1日現在)

【支給条件】

1級(重度)=療育手帳A・身体障害者手帳1、2級
2級(中度)=療育手帳B・身体障害者手帳3級または4級の一部
(手帳が無くても該当する場合があります。また、上記の手帳の級でも診断書の内容で手当等級がかわる場合があります。)

【申請に必要なもの】

  • 申請者と児童の戸籍謄本
  • 特別児童扶養手当認定診断書
    (手帳の等級によっては省略することができます。)
  • 印鑑
  • 身元確認書類(免許証等)
  • 個人番号確認書類

問い合わせ先

保健福祉課 福祉係(01586-5-3765)

▲このページの先頭へ